田舎暮らしの憂鬱

田舎暮らしながらの利点・難点などを紹介しつつ、田舎でもできる何かを暗中模索
 

2011年09月11日

情報商材の甘い罠

今までに5回だけ情報商材を購入したことがあります。


その5つの内、本当に役立つ情報だった!と思ったのはたったひとつだけでした。


それぞれの商材のタイトルは忘れてしまったのですが…

購入した時期は全て2年ほど前になります。

今回は、「購入して失敗した!」と思った情報商材について書かせていただきます。



その時も私以外の家族が全員体調を崩したり怪我したりして、私が病院を行ったり来たり。

仕事は10日間ほど休み、24時間家族の面倒を見ている状態でした。


入院の付き添いをしているときに、暇になって携帯でネット徘徊…。

その時に「家にいながらスキマ時間で副業!即金性の高い副業です」という謳い文句の商材が目に入りました。

価格は2980円。


正直、その時の私は1000円でも出すのを躊躇うような財政状態でした。

2980円あれば、家族の食費1週間分にはなります。


藁にもすがるような想いだった。どうにかして収入経路を確保しないと…。


精神的にも追い詰められていて、正しい判断ができなくなっていたのかもしれません。

そのまま購入し、2980円を次の日に振込みました。



その時、見落としていたんです。

実質2980円という文字を。


内容は、この商材を人に紹介し、その人が購入したらダウンになり、またそのダウンの人が紹介者を得たら2980円もらえるという内容でした。

マルチ商法ですね。


マルチは違法じゃないのは知っていますが、この条件は良く見えるようでとても難しい条件です。

ダウンのダウン…要は、孫からじゃないと報酬は得られない。

お金だけが動くとマルチではなくねずみ講になりますので、違法です。

そこは商材を作った人も承知していたらしく、正直役に立つかどうかもわからない宣伝方法のマニュアルなどがメイン特典としてついていました。
そのメイン特典は、ネットでアフィリエイトを勉強したことがある人なら知っているようなものばかり。広告の出し方などでした。

少しの間は広告を出したり、ブログで紹介したりして頑張っていました。
ダウンの人も3人付いた記憶があります。


そしてすぐにこの商材を人に紹介するのを辞めました。

実質2980円
というところには裏があり、商材の本来の価格は29800円であり、はじめに2980円払っていただく。

そして3ヶ月の間にダウンラインの報酬が発生したらそこから9800円を天引き、残りの分は報酬発生ごとに商材料金として支払われ、支払いが完了したらようやく自分にお金が入ってくるというシステムだったのです。

購入する前にちゃんと内容をしっかり読んで、注意事項も読んでいたら購入することはなかったでしょう。

「即金」という文字だけに気持ちを奪われ、何も考えず購入した自分自身の責任です。


商材を購入してから3ヶ月後、仰々しいメールが毎日届くようになりました。


「1回分の料金9800円を支払わなければ、法的措置を取る」

「既に顧問弁護士にあなたのリストを渡してあります」


ぎょっとした私はなけなしの10000円を使い振込み、とにかく関係を切ってしまいたい気持ちでいっぱいでした。

その商材で収入を得た人も居るかもしれませんが、システムがどうしても納得できなかった。

それに、紹介した人が私と同じような状況になったら…そんな風に考えると、どうしても人に紹介したくなかったんです。


9800円を振り込んでからは、確認のメールも毎日送られてきていたサポートメールと言う名のメルマガも全く来なくなりました。
商材を売る側は「9800円の振込みを完了させる」までがお仕事だったのでしょうね…。

それから何ヶ月かしてから、そういえばどうなったんだろ…と管理画面にログインしてみようとしたら、その商材と会社自体がドロン。無くなっていました。



それから3回、即金性の高いと触れ込みのある商材に手をだしては、同じような手口だとすぐに気づき、人に紹介すべきじゃない内容だった…とガックリ。

情報商材というものは、こういう内容のものばかりなのだろうか…本当に落ち込みました。


情報商材に「即金性の高い」という物は結構あります。

そういうものには必ず裏があります。

実態としては、お金自体を動かして、うっすいマニュアル的なものを「これが商品ですよ〜」と言い張り、マルチまがい商法なことをさせてきます。

ダウンラインは3段階ないし4段階。しかも最下層のラインからしか報酬は発生しないというのが主な内容です。


商材を選ぶ際には、その商材の広告ページだけで判断するのは危険です。

ほかの方のレビューを鵜呑みにするのも危険。全部が全部そうではないとは思いますが、只々報酬が欲しくて内容も理解せず「この商材はおすすめだよ!!」と言っている可能性だってあるのです。



そのあとに「これは本物だ…!」と思える情報商材に出会うのですが、その話はまた後日。
posted by ぴよ at 22:40| Comment(0) | 情報商材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。