田舎暮らしの憂鬱

田舎暮らしながらの利点・難点などを紹介しつつ、田舎でもできる何かを暗中模索
 

2011年05月13日

幸せのちから

今日の金曜ロードショーは「幸せのちから」


2006年の映画です。

事業の失敗によりホームレスになるまで落ちぶれたが、最終的には成功を掴んだ実在の男性、クリス・ガードナーの半生を描いた映画です。

主演はウィル・スミス、息子役には彼の実の息子であるジェイデン・スミス。
親子共演なんですね!


実在の人物の半生ということで、これは観てみたい!と思い、時間にはテレビの前でスタンバイ。


感想ですが、家族のつながりがあるからこそなんでしょうか。
ウィル・スミスの演技が素晴らしかった!

物語の内容も、ハラハラするところを子供に心配させないために乗り切る場面・・・映画の結末を見て本当に涙が出た。感動の涙ってやつですね!

この映画の登場人物である主人公のクリス・ガードナーが、仕事をする際に魅せる「仕事術」も凄かった。あれほどまでに洗練し、息子のために奔走する・・・本当に涙が・・・(涙腺弱いのw)。

個人的には、成功するまでの物語も見たかったな〜と思いました。
あの物語の先を見たいなーと思う、そんな映画です。

まだ観たことがない方は、一度観てみてください!



posted by ぴよ at 23:22| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。