田舎暮らしの憂鬱

田舎暮らしながらの利点・難点などを紹介しつつ、田舎でもできる何かを暗中模索
 

2010年07月28日

ペットボトルでお手軽!お肌ひきしめ

田舎すぎて、エステがない!

じゃあ、我が家でエステっぽく、しかもお手軽にやっちゃおう♪ってことで、オススメのお肌のケアをご紹介いたします。

ちなみに、ぴよ。

こう見えて(?)エステやアロママッサージのお店で働いた経験があります!


アロママッサージのお店では、店長もやってたんですよ♪


そういった経験から、人よりもちょっとだけ美容に詳しい自信はあります!(勉強したもんね)


今回は、お風呂上りにすると効果的!なお肌ひきしめ。

ペットボトルに水を入れて、冷凍庫で凍らせておいたものを使うだけのカンタンなもの。


まず、あなたは水を入れて凍らせたペットボトルを持ったことがありますか?

すごく冷たそうに感じますが、ペットボトルの厚みが冷たさを和らげてくれて、肌に負担の掛かりづらい程度の冷たさに調整されます。

ただ、冷たさの体感は個人差があるので、冷たい!って思う方は無理しないで休み休み使ってみてくださいね。

ちなみに、ペットボトルの大きさは、持ちやすく調度良い大きさなので小さいものがオススメ。


肌を引き締めるための方法…それは水を入れて凍らせたペットボトルを、身体の引き締めたい部分にコロコロと転がすだけ!

たったそれだけで、肌が引き締まります!


転がし方のポイントは、下から上へ転がすこと。

例えば、顎から頬骨のあたりまで、少し肌を持ち上げるような感じにして、ペットボトルを頬骨の方向に転がす…という感じです。

せわしなく何回も転がすよりもゆっくーり転がす方が、肌への負担が少ないので、30秒ぐらいを目処にゆっくり転がしてください。


転がすと冷たくてイヤ!!って場合は、ピタピタと肌に押し当てるだけでも効果があるので試してみてください。

その際にも、下から上の方向へずらしていく感じが良いです。

ピタピタと押し当てるだけならば氷を入れた袋でも同じように出来ますが、コロコロと転がし適度な刺激を与えることで、細胞の活性化も促せるので、水を入れて凍らせたペットボトルを推奨します!

ペットボトルの口部分の細いところなどは、鼻筋に押し当てるときに調度良い大きさです♪


実を言うと、この「水を入れて凍らせたペットボトル」は、肌の引き締めだけでなく、ダイエットにも効果があるんです。

ダイエット効果やその方法については、次の記事で紹介させていただきますね。
posted by ぴよ at 22:02| Comment(0) | エステがない! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。