田舎暮らしの憂鬱

田舎暮らしながらの利点・難点などを紹介しつつ、田舎でもできる何かを暗中模索
 

2010年07月28日

田舎暮らしの憂鬱

田舎主婦の憂鬱

・仕事がない
・バイト・パートももちろんない。
・旦那の収入も雀の涙。
・しかし、何故か離婚率の高い田舎。
・シングルマザーも割と多い。
・人間の絶対数が少ないため、外部とのコミュニケーションが薄い。
・あったとしても閉鎖的。
・話している内容は「仕事がない」「噂話」「テレビの話」「子どもの話」だけ。
・最近の流行とかよくわからない。
・自分の服を買った記憶があいまい。
・だって、服を買おうと思うと遠くまで行かないとまともなものがないんだもん。
・田舎の娯楽はイ○ンとかネットで見た事あるけど、イ○ンすら遠いからウチ。
・保育所・保育園ってなんでこんなに預かってくれる時間が少ないの?
・保育所と保育園以外に、子どもを預かってくれるような施設やシステムが存在しない。
・祖父母に頼んでも愚痴ばかり言われて疲れる。
・むしろ、定年迎えたと言うのにバリバリ働く祖父母。お願い、隠居して子どもの面倒見て!私が働くから!
・…なんていうと、年寄り扱いするなって怒るんだろうなぁ。
・そういや、昔はFMラジオの電波すら届いてなくて聞けなかったっけ。
・確かめたら今でも聞けなかった。泣きたい。
・野菜は畑から採ってくるけど、時期の野菜が連打する。
・子供服買おうと思ったら全部定価で値札が黄ばんでた。

【ぴよのスペック】
・両親、祖母、子ども二人の6人暮らし。
・旦那はかろうじて別れていないが単身赴任で仕事中。
・だって、家の周りは仕事が無いんだよ…。
・給料カットされたからと仕送りが減った
・しゃーねー、パートでもするかと思ってハローワーク行ったら「あなたの労働条件だと10人待ちぐらいかな」とか言われた。
・仕事の絶対数が少ない上に、保育所の融通がきかないため長時間働けないんだよね…。
・特別に買い物しよう!と思うと、車で2時間ほど走らせないとまともに買い物できない
・子どもの遊び場は家の前。遊園地とか、行こうと思っていける場所にない。
・連休は親戚が集まるから、遠方に出かけることも難しい。


はじめまして、『ぴよ』と申します。

上記のように、「超」のつくド田舎暮らし。

田舎暮らしは優雅そう…なーんて思っている人もいるかも知れないけど、優雅に感じるのは時間の流れぐらい!

人間の絶対数が少ないから、事故とか犯罪なんてほぼ皆無な場所だけど、安全だからいいなんて世の中じゃないでしょ?

外界から孤立したようなド田舎。

仕事のないド田舎。

遊ぼうったって、遊ぶ場所がないんだよ?

自由なんて、楽しみあってこそのモンだよね!


だからって、諦めたくない性分。

田舎にいても出来る事って…探せばあるんじゃない?

私はあがくよ!限界まであがくよ!
posted by ぴよ at 16:07| Comment(0) | ぴよのスペック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。