田舎暮らしの憂鬱

田舎暮らしながらの利点・難点などを紹介しつつ、田舎でもできる何かを暗中模索
 

過去ログページ

2011年05月21日

心配=愛情と勘違いしていませんか?

すべてのものに愛情を注ぐことで、自分の望む姿を受け取ることができる…というのが、引き寄せの法則です。

その「愛情を注ぐ」という行動について、どうすれば良いのかわからず困惑している方もおられるでしょう。



まず、愛情と聞くと「人間同士のつながり」をはじめに連想します。

家族や友人、恋人との愛情。


その「愛情」を元に考え、他の事柄(人生、人間関係、仕事、お金、状況など)にも愛情を注ぐ方法を手探りで探す…。

ただ、「自分がこうしたい、こうなりたい」と強く願っているうちは「恋」でしかありません。難しいですね。



ただ、人間関係での愛情の注ぎ方に注意してほしい事があります。


「相手を心配する」=愛情


とは言えないこと。

心配することが相手に対しての愛情と勘違いしてはいけません。

相手を気遣うのはとてもよい事だと思います。気遣いが無ければ愛情も生まれませんし相手に与えることもできません。

「相手を心配する」から「相手がどうしたら幸せになれるか」に視点を変えてみてください。

「大丈夫?」と常に声をかけるのではなく、相手が「大丈夫な状況になるために、私に何かできることは無い?」と声をかけ、愛情を向ける事からはじめてください。


その際、自分の勝手な理想や想像で、愛情を押し付けるのではなく、相手にとってどうすれば一番良いのか?をよく考えてから行動してください。
愛情は心配したその先にあるのです。


考えすぎてどうすればよいかわからないよ!なんて事もあるでしょう。

逆に、何度考えても良い方法が見つからない場合。


そんなときは、とにかく「幸せ言葉」を投げかけましょう。


「ありがとう」

「感謝しています」

「愛しています」

「楽しいね」

「嬉しいね」

「幸せだね」



相手が目の前に居ても、居なくても、その言葉を口に出して言ってみたり心で強く思ったりするだけで、愛情は与えているのです。


もう一度言いますが、ただ、「自分がこうしたい、こうなりたい」と強く願っているうちは「恋」でしかありません。

引き寄せの法則で実現したい事があったら、まずは「期待」することを辞めましょう。「期待」している内は「現状は実現していない」というのを確認しているだけになります。

まずは「幸せ言葉」をできるだけ口に出して言うようにし、目に入ってくるものすべてに愛を感じてみてください。

愛を感じることからはじめてみましょう!



タグ:引き寄せ
posted by ぴよ at 09:25| Comment(0) | 引き寄せ体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

【無料】なぜ、こう考えれば毎月1億円入ってくるのか?

あなたは次のうち、どれを目指していますか?

(1)月商100万円
(2)月商1,000万円
(3)月商1億円

もし月に100万や1,000万程度でよければ、
この思考は必要ありません。

しかし、月商1億円を作る過程で100万円、1,000万円という
ステージがありますから、
好きなところで止めるのも自由。

もしあなたが、まずは100万円、1,000万円と稼ぎながら
月商1億円を目指してもいいと思うなら、
ホリエモン、秋元康さんに推薦されたこの男の話を
聞いてみてください。


彼は元ライブドア社長室にてホリエモンの右腕として活躍。

現在では複数の事業を展開し、月商1億円のビジネスを
いくつも作っています。

月商1億円を作るのに必要な考えはシンプル。

ビジネスの天才ホリエモンも、秋元康さんも、
この「たった1つの思考」を実践しているからこそ、
次々と大ヒットを生み出すことができるのです。

http://123direct.info/tracking/af/309959/Ktwzkk6V-3lRYqIHK-IS5Ss3E3/


この無料動画で語られることは・・・

■ホリエモンも秋元康さんも、この一つ思考を実践しているからこそ、
次々と大ヒットを生み出していきます。
では、それはなにか?今すぐ実践できることです

■ブームに乗ってはいけない。儲かりそうな商売だから
と言って気軽に参入してはいけまん。
Twitterもfacebookもこれを知っている人だけが設けています。

■今までのやり方が通じない今、
儲かっているビジネスを猿真似するなどアホのすることです。
では どうするべきか分かりますか?

■今の物余りの時代に、マーケットインは儲からない!
では、どうするべきか?渡邊氏が年商100万円の会社を
月商1億、年商12億に変えたのは、
この一つのことを実践してきたからなのです。


クリックして続きを見る(期間限定で無料)
http://123direct.info/tracking/af/309959/Ktwzkk6V-3lRYqIHK-IS5Ss3E3/
posted by ぴよ at 23:11| Comment(0) | 副収入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

ザ・パワー読みました

ザ・パワー読みました!

本当は速読で読もうと思ってたんですよ。

でも、読み始めてすぐに「じっくり読みたい」という気持ちが強くなり、速読をやめ普通に読みました。

時間効率よりも、この本に書いてあることひとつひとつを、じっくりと自分に落とし込みたかったという気持ちが強くなったんですね。


まず、ザ・シークレットの続編なので似たような内容が続くのかな?と思っていたのですが、ザ・シークレットの本筋をずらさないで、ロンダ・バーンの情熱を注ぎ込んだ全く別のものという感じがします。

ザ・シークレットでは、引き寄せの法則を知ってか知らずか活用している著名人の言葉の引用をもとに、引き寄せの法則というものを教えてくれる「人生の教科書」といった印象でした。

今回の「ザ・パワー」は引き寄せの法則を実践しているロンダ・バーンの愛・感謝・・・そういった気持ちやエネルギーが凝縮されているような気がします。

ザ・シークレット同様に著名人の言葉の引用もあります。その引用文により、より一層引き寄せの法則についての理解を深められる。


感謝することへの大切さ、愛することの大切さ、与えることの大切さ・・・

ただ単に「こうすれば成功する」といったような、成功哲学的なものに収まらず、与えることの大切さに重点を置き、そのパワーの使い方や実践方法にいたるまで、自然に導いてくれる内容です。


まず、「愛」と聞くと、はじめに浮かぶのは「人間に対しての愛情」ですよね。

この本で言う「愛」はこの世のすべてに対しての愛情です。

ザ・シークレットを読んだことが無い人でも、楽しめる本だと思います。



ちなみに、この本を読んでからというもの、とても素晴らしい出来事のオンパレードなんですよ。


「今日はパン気分だにゃー」とか思っていたその日のうちにパンをいただいたり

「明日の朝ごはん何しよう・・・」と思っていたら、マグロの煮込み(しかも半日煮込んだ絶品)をおすそ分けでいただいたり

「子供が風邪気味だから、イチゴとか食べさせてあげたいな」と思ってたら、次の日に親戚がイチゴ4パックくれたり

その親戚が「こどもの日だったから」と子供たちにお小遣いをくれたり

最近元気の無い友人にパワーをあげたいな・・・と思って、一番のお気に入りのパワーストーンをお守りにあげよう!と梱包したその日に、素敵なパワーストーンを浄化用として6個もいただいたり・・・



確かに、ザ・パワーを読んでから、日々の心の持ち方は意識して変えていましたが、ここまで簡単に引き寄せ出来るだなんて思ってなかった。

どれもこれも「引き寄せたい」と思っていたわけではなく、なんとなく心に浮かんだ・・・そのとき、なんとなくですが「現実になった気持ちになった」だけなのに、最善・最良の結果が出てるんです。


特にパワーストーンの経験は、本当に驚き。

与えることで受け取ることが出来る・・・ザ・パワーに書いてあったことそのままのことが、現実に起こったのですから。いただいたパワーストーンは、実は以前から欲しかったものばかり。


引き寄せの法則を活用しようと思っても、「こうなりたい」「こうしたい」というのを心に強く思っても、その時点では単なる「期待」になってしまいます。

期待しているうちは「自分の期待する結果になってない」というのを確かめているだけ。

ではどうすればいいか?

現実になったように振舞えばいい・・・と言っても、そんな簡単に出来ないよーと思っていました。

それが、人に感謝したり現在の状況や過去の状態に感謝したり愛を感じたりするようになると、自然と「ああなりたい・こうなりたい」と思っていることを考えるときに、本当にその願いが叶ったような気持ちになれるようになったんです。



ザ・パワー、本当におすすめの本です。




タグ:ザ・パワー
posted by ぴよ at 00:26| Comment(0) | 引き寄せ体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。